―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣

ナースとして有利な条件で転職に成功するにはコツがあります。その秘訣を大公開!
トップページ > 看護師の資格を得るための国家試験は、

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

看護師の資格を得るための国家試験は、

看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。



看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。

看護師には、男であってもなれるかを調査してみました。

看護師は女の方が圧倒的に多い職業ではありますが、男の人の看護師も働いています。患者が男性の場合、女性の看護師さんのお世話が照れくさいという場合もあります。そんな場合に、看護師に男性がいるととても喜ばれるでしょう。

他の病院に看護師が転職しようとするには、どうすればいいでしょう。
看護師に限らず、転職を望む際には、色んな原因があげられるでしょう。身内の転勤や妊娠、または、出産などに伴う勤務条件の変更、待遇や人間関係についての不平不満、それぞれ悩まされることがあるでしょう。
看護師国家試験に受かるよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。

月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。看護師の職についている男の給料はどの程度あるのか、知っているでしょうか。

給与だけをみれば女性の看護師と違いはありません。つまり、男性看護師と女性看護師ということで異なるということはありません。

給料の細かな金額はそれぞれの勤め先によって違うのですが、他の職業よりも給料がよくなっています。普通、看護師に就くには、ただ、知識や技術だけではなく、「この世界で仕事をこなすんだ」という強い意思が重要だと思います。

専門職なので、通常のOLなどよりも収入はよく、勤め先にも困りません。



けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければならないためです。
単純に看護師とはいっても、勤務先で熱心に仕事したいのか、介護関係の職務に従事したいのか、もしくは、専門職の知識を発揮できる事務的な職務につきたいのか、多様にあるでしょう。
でなければ、大きな病院で仕事したいのか、または、小さな個人病院で職に就きたいのか、勤務地の人数や働く時間に望みがあるのかも大切です。看護師の勤めているところといえば、病院という考えが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。


保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護師は非正規雇用でバイトやパートで働くこともあります。


そんな場合に、大切になってくるのが時間給です。一般に、パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べて待遇面で劣っている事が多いですから、やはり、時給くらいは高くないとやりがいが見つけられないですよね。理想を言えば、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。



看護師の平均的な収入は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが実態のようです。ですから、いつもよりよい月給を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。賃金が高い病院は、とても人気があり稀にしか空きが出ないため、中には、看護師専用の転職サイトなどを使って、転職のために活動している方も珍しくありません。一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと多くの人がいいます現在はどんな仕事でも一対一で人とかかわることが多いとはいえません。


一方、看護師は人と深く交わることができ、支えることができるという点において取り組みがいがあると感じる方が少なくないのかもしれません。


ナースの年収は高いと思われている方もいるかもしれません。

しかし、ナースは夜勤がないとそれほど稼ぐことができず、低年収ということも少なくありません。そのため、独り身の時は夜勤がある病院で働いて利益を得て、結婚後、夜勤のない医院に再就業する方も多いでしょう。



勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、続けやすい仕事であるとも思われています。



妊娠により、一度休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。高度な専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると考えられているのです。


とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職の割合が高い仕事でもあります。



どうすれば、希望に沿った条件で別の病院に看護師が転職できるかなのですが、看護師専門のエージェントに頼むのが最も早くて安心できる方法なのです。

ネットで検索をかけてみると、多くの転職サイトが出てきますから、そこで情報を入手するのが早道になるでしょう。
いくつもの看護師転職サイトに登録しても大丈夫ですから、気負わずに、試してみると良いでしょう。



看護師として勤務している人は何万人もいますが、それに反して、資格を取得していながらも、職業としていない人が50万人以上いると認識されています。全国で四万人の看護師が不足していると考えられているので、その五十万人の中の、ごく少数の人でも勤務できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。

私が看護師という職業に就きたいと決意した志望動機は、疾病や負傷、体調不良などを持つ人の助けになることに、仕事の喜びを感じたためです。私もその昔入院中に、看護師さんには、とてもお世話になり、私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと考えています。

日本は長寿化が進みいまや超高齢化社会と変化しました。この状況下で需要が高い職業が医師と看護師、介護士だと思います。全て専門知識、専門技術が必要で、楽な仕事とはいえません。
この3つの職種の従業者の育成を政府は、さらに真剣に考える必要性があると思います。


看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の位置を変えることや、一人で食事をとることのできない患者さんの介助、下の世話のような体力が必要な仕事も多々あります。また、その間でもナースコールが鳴ったりすれば、速やかに応対しなければなりません。
その上、入院している患者が少しでも素晴らしい入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事のうちです。


転職情報サイトの看護roo!で利用できる看護師だけのコミュニティサービスでも、先輩たちからのアドバイスや看護師ならではの話題が網羅されていて、とても人気があります。

看護師関連の疑問、質問、それに対しての答えもすぐに読めるので、きっと参考になるでしょう。正看護師と準看護師の仕事内容に関しては、そこまで大きく異なることは見当たりません。でも、準看護師だと、医師、看護師の指示によって業務を行うことを定められていて、現場では常に看護師が上になります。年収については、各病院での規定がありますが、普通、差があるものです。昔は看護師が男性の場合に限って、士という漢字が、用いられていました。
ですが、現在は男の場合でも女の場合でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師と言う漢字を使うことになっています。
看護師、看護士の両方を用いていると、あやふやで分かりにくくなるので、一つに変更されたのだと思います。

日々、病院に伺うと次々に患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しい様子です。
手際よくこなしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者さんに説明するなどと、性格がしっかりしていなければ、無理な非常に大変な職業だと思います。しかし、その分、中々、やりがいはあるだろうなぁと思います。看護士が許可されている医療に関連した行為は、これまで、特定の場合のみ、行われていました。

けれども、医師が足りないという理由や直ちに対応が可能なように患者の気管に点滴を行うなどの医療行為ができるようになります。行えるようになった行為は、決まった期間、研修を受けて、欠点などのないようにしてから自分の判断で行える事が大きな変化でしょう。
顔見知りの看護師が長い間、人間関係で悩んでいたのですが、結局、先月、退職してしまいました。このような環境におかれたご時世、新人の看護師を迎えるとしても看護師になりたい人が少ないそうで、病院側はどうしていいかわからないらしいです。仕事を辞められてから困るくらいなら、そのような状況に陥る前に、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。

産業看護師は健康に働けるように従業員に保健について指導したり、うつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークで見つけようとするのはほぼ不可能です。
興味がある場合は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども多数紹介されています。毎年、かなりの人が看護roo!を使い、転職に成功しているようです。看護roo!は、厚生労働大臣認可を受けて経営を行っている会社ですし、さらに、JASDAQ上場の会社でもあるため、サイトの掲載内容も頼りにできます。


看護師の転職先をしっかりと探せます。どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。任務をスムーズにこなすためなどの理由で様々なその業界にしか通じない言葉が使われているでしょう。



看護士でも同じように業界特有の言葉が利用されています。例えば、心マは心臓に刺激を与える、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、多くの業界用語を使うのです。看護師には、悩んでしまうようなことが多くあるものです。ナースという職業は激務の代表のような職業なので、人間関係に疲れるケースがよくあるでしょう。

給料が高くても、その分だけ悩みがたくさんある職種ですので、辞めていく人も多い職場も存在します。

医師がされていたことを看護師がするようになり、仕事内容が多様化しています。注射や点滴、カルテの整理、記録、多く発生する急患の対応に追われて休みづらく、帰宅できない日も増えているそうです。
結婚や出産をした人の立場からみれば、家事や育児に、仕事は負担がかかります。
ますます仕事を辞める者が増えてしまい、看護師不足は改善されません。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣 All rights reserved.