―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣

ナースとして有利な条件で転職に成功するにはコツがあります。その秘訣を大公開!
トップページ > 看護士の求人はいくらでもありますが

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

看護士の求人はいくらでもありますが

看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。


可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、看護師だとお医者様の指示で医療的な行為が可能だということです。注射、点滴、投薬などは、看護師にしか行えません。疲れやすく、ストレスも感じる仕事ですが、胸を張ってこの職業しかないと思う看護師が何人もいるのは、揺るぎない責任感や使命感があるためと言えると思います。

看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。



看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。

一般に、正看護師と準看護師の仕事については、実際、それほど大差はありません。ですが、準看護師というのは、医師や看護師の指示で仕事に取り組むことを定められているので、現場での立場はやはり、正看護師の方が上の立場ということになります。

年収に関しては、病院ごとに定められていますが、差がある事が普通のようです。

看護師が転職をしたいならしっかりと履歴書を書く必要性があります。
履歴書を書く際には、大事な要点が少しばかりあるものです。

初めに、写真は三ヶ月のうちに撮影した古くない写真を使用しましょう。


また、住所、氏名等の項目は間違わずにきちんとした文字で分かりやすくゆっくりと丁寧に書くことが重要です。看護師の仕事は、外来か、または、入院病棟かによって、それから、総合病院であるか、個人病院かによって、違ってくるのですが、病気の人や怪我をしてしまった方のお世話をしたり、看護をするのが主となる仕事内容です。看護を受ける側が安心して治療や看護を受けるためにも、必要な存在が看護師です。

転職サイト、看護のお仕事の良いところは、結局は、転職が成功した際、もらえる転職支援金です。いい条件で転職できる可能性があるのに、加えて、その上に、支援金までもらえて、とてもありがたいですよね。
たくさんある看護師転職情報サイトの中でも好評なのは、支援金も理由の一つとしてあげられるでしょう。


看護師の稼業で大変な事の一つに、夜勤が存在するという事があります。

医療機関では夜間でも患者さんの病状が急変する事も少なくありません。
その時に、迅速に対処するために多くの看護師には、夜の業務があるのです。

といっても、看護師にとって夜間勤務というのは体調が悪化しやすくなりますし、負担が多分にあります。看護師転職サイトの看護系のお仕事については、医療機関の求人件数も豊富ですが、その他にも一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで思いがけない好条件の転職先を紹介してもらえる事があるかもしれません。


担当コンサルタントによる手厚い対応もメリットとしてあげられているようで、できる限り細かな要求にも応じてくれているようです。


看護師の方が職変えをする際に具体的に、自分が望む職場の条件が完全に想像できないこともあるでしょう。


そういう時は、多数の求人情報がある看護師の転職に使われているサイトを利用する方が、自分が望んでいるような転職先を見つけられます。働いている看護師は数万人いますが、それと比較して、資格を取得していながらも、就職していない人が五十万人以上いると認識されています。
日本で4万人の看護師が足りないと推測されているため、それだけいる50万人の中の数%の人でも勤務できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。日本は長寿化が進みいまや超高齢化社会となっています。この状況下で需要が高い職業が介護士に医師、看護師です。

どれも専門知識と技術が必要とされ、簡単な仕事ではないです。これらの職業人の育成に関して政府は、さらに真剣に考慮した方がいいと思います。



看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。

現に入院して看護師ウォッチをしてみると、重篤なクランケが入院治療中でなければ、定められた時間に一定の作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。重病な患者が入院している場合には、さらなる激務となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。



看護師の平均的なお給料額は、激務の割に、それほど高額ではないのが実態のようです。

ですから、いつもよりよい月給をくれる職場を志望して転職のために活動している人がいるのです。
月収が良い病院は、やはり人気でなかなか枠があかないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動しているケースも少なくありません。
3年で看護専門学校を修了し、国家試験を受ける資格を得られます。

このやり方で免許を取得しようとする人が一番数が多いでしょう。


現実に病院で行われる実習が他に比べると多いということもあって、就職した後も割と簡単に仕事を行うことができるでしょう。


看護師はチャレンジングな仕事だと思われています。

どんな職業でも直接人と向かい合うことが多いとはいえません。しかし、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという意味において手ごたえを感じる方が多くいるのでしょう。
知人が入院している病院に見舞いをした時に、看護師さんが、複数の患者への対応をしている様子をよく目にしました。

一人では動けない患者さんの中には、ナースコールを何回もする人も多いのです。



看護師の仕事は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、苦労の連続でしょう。看護師が引っ越しで転職するような時は、なじみのない地域で転職先を探すことはとてもしんどいです。

職場環境をはじめとして、その土地での評判などを一人で全部調べるのは不可能でしょう。近隣の市町村で探す場合でも、自分の希望通りの転職先を探すと、予想外に求人情報の少なさに愕然とするものです。

看護師は職場の同僚と食事会をすることがあります。病院は忙しいので、みんなが集まることはなかなかありませんが、なんとか合間を縫って飲み会に出席します。こんな患者さんがいた、こんなドクターがいた、と話は尽きないので、ストレスが昇華されてナース飲み会は大盛況です。

高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。看護師には、看護師の資格と言っても、看護師と准看護師の二つの免許が国家資格として定められています。
一般に、准看護師資格を持つ人は、キャリアに磨きをかけるために、看護師資格の取得を目標に掲げます。准看護師と看護師を比較すると、専門知識だけでなく、待遇の違いも大きいです。
転職サイト、看護roo!の中の看護師専用のコミュニティサービスも、先輩の看護師がくれるアドバイスや看護師が知りたい情報が網羅されていて、たいへん人気が高くなっています。



看護師が日頃から、疑問に思っていることや誰かに訊きたいと思っていること、それに対しての答えもこのコミュニティなら読むことが可能ですので、参考にできると思います。病院によって看護師の勤務時間が長くなったりします。そういった病院は人件費を浮かせるために看護師を極端に減らして、シフトをまわしていることが多いといわれています。このような病院は看護師の疲労が抜けないため、医療ミスを起こしやすいという情報があるので、就職活動のときはちゃんと確認をした方が良いです。

看護師の仕事とは医療現場で重大な職務でしょう。
常日頃、厳しい現場で働いていると、過剰な精神的ストレスに見舞われることもあります。いつだって看護師は、命にかかわる仕事についているわけで、強い緊張感にかられることもたくさんあり、精神的な負担を適度に発散させる努力も大切だといえるのです。看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが妥当でしょう。


ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。


保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
私が看護師の仕事に身を投じたいと憧れるようになったきっかけは、病気、怪我、体調不良などで苦しんでいる患者のサポートをするという、仕事のやりがいを見出しているからです。私自身もその昔、入院した時、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、今後は、私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと考えています。全国の病院等の現場では、長い期間ずっと看護師が不足している状況がそのままになっています。ですから、就職、転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場であるといえます。



看護師資格を保有していれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を比較的簡単に選択することが可能です。

友人に看護師で頑張っている人がいますが、高い給料をもらえていると羨ましがられていることがあります。



ただし、看護師の業務は、夜間の業務も行うことがあり、生活サイクルが一定にできませんし、職場環境は女性が多数という特殊なところなので、ストレスを抱えている方も多いようです。

そんなことを考えると高い給与は当然です。どんな医療機関にとっても、看護師は無くてはならない大切な人材です。


ですが、看護師の処遇はそれほど良いものとはいえません。看護師は夜間に仕事をするケースがあったり、逆に、休日が少ないといった厳しい労働環境で、給料などの待遇がそれほど良いとはいえません。


多くの看護婦が退職してしまうのも、当然ですね。全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。



公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。


準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣 All rights reserved.