―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣

ナースとして有利な条件で転職に成功するにはコツがあります。その秘訣を大公開!
トップページ > 短期大学では、看護師と保健師、助産師の

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

短期大学では、看護師と保健師、助産師の

短期大学では、看護師と保健師、助産師の受験資格を手に入れられるカリキュラムが用意されています。
大学だったら高度な看護知識が学べるので、専門的な看護師を目指している方にはいいのではないでしょうか。大学というのは、専門や短大に比べて1年長いため、保健士の勉強も行えます。

いままでは男性の看護士に制限して、士という漢字を使っていました。けれども、現在は男性の場合でも女性の場合でも、看護師の仕事をしていれば、師と言う漢字を使うことになっています。



看護師と看護士が共存していると、曖昧で分かり辛いので、一つに変更されたのだと思います。
例年、大勢の人が看護師の転職サイトである看護roo!を使うことによって、看護師の転職に成功しています。



なにしろ、看護roo!は厚生労働大臣の許可によって経営を行っている会社ですし、また、JASDAQに上場している企業ということから、転職サイトにある情報も信用できるのです。気楽に転職先を見つけられます。

高校進学の際に衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最速で看護師になれるでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。

それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。

ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。

公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。看護師は挑戦しがいのある仕事だそうです。現在はどんな仕事でも面と向かって人とかかわることが多くありません。


一方、看護師は人と密接にかかわることができ、支えることができるという意味において挑戦しがいがあると感じる方が少なくないのでしょう。医療機関には、看護師は欠くことのできない大切な人材です。



ところが、一般的に、看護師の待遇というのは良いとはとてもいえないのです。夜勤をする必要があったり、休暇がそれほど多くないなどのあまり良くない労働状況で仕事をしているのに、給料の金額はそんなに高くありません。
離職率が高くなってしまうのも、当然の帰結なのかもしれません。


外来の看護師の業務は、病院を利用したことがある人ならご存知のように、血圧測定や問診、注射、点滴などを行ったり、患者に医師の指示で処置をしたりします。


さらに、検査や手術時の移送も看護師の業務となります。
患者といる時間が長いので、病気の治療だけではなく精神面でも気を配ってあげる必要があるでしょう。
テレビCMをみかけることもある看護師の転職サイトは、看護師をターゲットにしていて、どこにも載っていないような求人情報を紹介してくれる場合もあるようです。それだけでなく、求人情報だけに頼っていては、知ることが不可能な職場の環境まで確認することができるでしょう。
転職後、後悔しないためにも、看護師の転職サイトを使うのがオススメです。

退職金の金額を心配している看護師ももしかしたら、多いかもしれません。退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。
その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。規模が小さい医療施設の場合には、退職手当は少ししか出ません。

どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、みんなに良い環境とはいえないですが、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が処遇が良好といえます。


看護師の方がジョブチェンジする際に自分が望む条件が想像できないケースもあるものです。



そういう時は、多数の求人情報がある看護師用に運営されている転職サイトを使った方が、自分にピッタリな転職先を探し出すことができるはずです。


引っ越しのために、看護師が転職が必要になる時には、なじみのない地域で転職先を探すことは困難を極めます。職場環境はもちろん、地域での評価などを自分で全て調査するのはたぶんできないでしょう。

近くの市町村で探す際も、希望条件に適う転職先を探すと、想像以上に求人情報が少ないことに、愕然とすることもよくあります。看護師になるとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」といった強い考えが重要だと思います。やはり、専門職であるから、OLなどに比べると高収入で、勤務先にも困らないでしょう。しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。
転職する際の看護師の志望動機には多様なものがあります。一例を挙げれば、最先端の医療、高度な医療技術の習得、場数を多く踏むために、もっと専門性の高い病院に勤めたいということもあるでしょう。



別の例としては、結婚して、出産などの家庭環境の移り変わりに合わせ転職を望む事例も何件もあります。さらに上を目指したい看護師が自分の看護の技術をますます磨き上げたり、スキルをアップさせるには、様々な手段があります。

これまでの就業場所から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも方法の一つでしょう。
他にも、最新の技術とか幅広い知識を習得するという目的で、様々にある看護に関連の資格合格を目指すのも1つのスキルアップの方法といえます。看護師は医師の指示により医療行為を行うという事がよくありますが、簡単な医療行為であれば、医師の指示がない場合でも遂行ことができます。

それなので、老人ホームなどという福祉施設に看護師がいる際は、本当に心強いと考えられます。現在も、看護師は人手の不足が叫ばれています。

この人手の不足を解消するには、かつて看護師の資格を取っていながら看護の仕事に就いていない人に、看護師として仕事をしてもらうことが良いと考えます。そのためには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が良くない部分を改めていくことが大事でしょう。

現実的な看護師の業務内容は患者の治療に関することに限らず、入院患者の身辺的なサポートも業務に含まれています。

そのため、医療機関の中で看護師ほど、やることの多い人はいないのではと考えます。

それだから、看護師のみあった待遇にしてほしいです。日本中の病院や様々な医療機関の現場では、これまでの間ずっと看護師が足りないの現実が解決されずにいます。そのため、就職、転職に関して看護師は極端な売り手市場であるといえます。看護の資格さえあれば、希望や適性にかなう職場を比較的容易に選ぶことができます。看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。


そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
よく知る看護師が、この前、転職をしました。

比較的ラクそうな職場だったのに、なぜ転職したの?とわけを聞くと、「仕事が暇だった。



より一層バリバリ仕事をしたい」というようなことでした。
できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。患者さんのケアをするお仕事は多岐にわたります。
たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶように補助などを行うのが基本的に、主となる業務内容になりますが、その他にも、患者さんのケアや手助けといったことも行っています。



入院病棟か外来か、どっちなのかで、仕事の内容がかなり異なるでしょう。

外来のほうが入院病棟の方が仕事量が少ないので、大きなストレスとなるでしょう。長期間、看護師として働く場合、比較的楽だと思われているのが、外来勤務によるものです。

当然、人の命に関するということでの責任は違いはありませんが、夜勤の必要がない、休みが取得しやすいなどの理由により外来勤務を選びたい人も増加傾向にあります。勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、継続しやすい仕事であるなんていわれています。
結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復帰しやすい職種なのです。高レベルな専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると思われます。とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職の割合が高い仕事でもあります。医師がされていたことを看護師ができるようになって、仕事内容が充実化しています。

注射や点滴、カルテの整理や記録、次々と発生する急患に追われて休みの日も取りにくく、家に帰れないことも増えているそうです。


結婚、出産をした看護師にとっては、家事と子供を育てることに加えて仕事は、きつ過ぎます。以前にもまして離職者が増えてしまい、看護師不足の問題は解消されません。
基本的に、看護師がやる仕事は、外来か、または、入院病棟かによって、それに、病院の大きさ次第で、違いが出てきますが、病気になられた方やケガをした人のお世話をしたり、看護をするのが主となる仕事内容です。心細くなりがちな患者のみなさんに、安心して病気や怪我の治療をするためにも、看護師は必要不可欠でしょう。

実際、看護師さんは重労働です。突然の過労死を防ぐように体調を管理したほうがいいでしょう。

条件が希望に沿っていなければ早期の転職を念頭に入れてみてください。長期の治療を要する病気になれば、働くことも不可能になります。あなたの体調のことはあなた以外の誰も守ることができません。医師の診察のお手伝いをしたり、入院患者さんの体調に配慮したり、また、雑務もナースのお仕事です。いつも医師より患者に近いところで、心身の回復に気をくばり、患者への対応を行うのが、ナースの役目です。


私の友人の看護師がずっと職場の人間関係で悩んでいたのですが、最終的に先月、退職してしまいました。

このような環境におかれたご時世、新たに看護師を迎えるにも看護師のなり手があまりいないそうで、病院側は対応に苦慮しているとのことです。



看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのようにならないように、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。看護師の平均的なお給料額は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが実態であるようです。いつもよりよい月収を支給してくれる勤務先を希望して転職活動中の人がいます。



お給料が良い病院は、当然、人気でめったに求人が出ないので、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動している方も珍しくありません。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 看護師求人サイトを徹底調査するのが転職成功の秘訣 All rights reserved.